“大人ガーリー” デザインを作るポイントを解説!

こんにちは、ナナ(@wkwdesigner)です!

今回は、女性向けデザインで中でも、キャピキャピ系ガーリー向けではなく、少し落ち着きがある中に可愛さがある「大人ガーリーデザイン」のポイントをお伝えしたいと思います。

これから大人ガーリーなデザインを作ろうと考えてる人や、ガーリーデザインってどんな感じ?と悩んでる人に参考になると嬉しいです。

今回はこちらの雑誌風デザインを参考に”大人ガーリー”デザインを作るポイントを説明していきます!

配色のポイントは「甘々マカロンカラー×黒」

ガーリーデザインデザインで難しいのは、配色だと思っています。

配色のポイントは、お菓子のマカロンのような淡く少しくすんだカラーに、アクセントとして黒を配色するということです。カワイイ配色に黒を入れることで、グッと可愛さが引き締められるので、大人カワイイを演出することができます!黒を入れないと、少し年齢層が低い女の子向けデザイン寄りになってしまいます。


今回は、ピンク〜紫を配色に選んでいますが、他の色でも良いです。色のイメージがしづらい方は画像検索で「マカロンカラー」と検索してみてください。マカロンで使われていそうな配色サンプルがでてくるので、それらを参考にしてみたり、ヒントにしてみると良いかもしれません!(マカロンだけではなく、洋菓子の配色は女性向けデザインの配色にはヒントになります!)

写真を淡く加工する(ロケーションがエモければ尚良し!)

背景で使用している女性の写真を、少し淡く明るく色調補正をしています。写真の素材次第ですが、明るく調整できる写真は明るくし、淡い色味に調整することで、写真自体を可愛く見せたいです。

写真加工ですが、Photoshopを使います。「トーンカーブ」「露光量」「カラーバランス」などで調整を行っても良いのですが、今回は「5秒でできる淡くする加工方法」をお伝えします。簡単です!

①写真のレイヤーにレイヤー効果「カラーオーバーレイ」を付けます

②カラーオーバーレイの設定を「描画モード:ソフトライト/不透明度:70%程度/カラーは淡いピンク系」

でこれでOKです!

写真によって若干、設定が変わってくるので写真に応じて調整ください。また今回はカラーを淡いピンクに設定していますが、他の色でも良い感じでなるので色々試してみてください!

ガーリーな写真素材サイト

GIRLY DROP(ガーリードロップ)|女の子による女の子な無料(フリー)写真素材サイト

https://girlydrop.com/

「装飾」と「あしらい」で”カワイイを盛る”

ガーリーデザインのポイントは、この装飾やあしらいなどが決めてになってくるポイントです!この装飾やあしらいなどで”カワイイ”をいくらでも盛ることができます。

細かいところですが、分解して解説します!

切り抜き

今回は、背景で使用している写真の女の子がカメラを持っていたので「カメラと手」の切り抜きを入れてみました。被写体に関連するアイテムの切り抜きをランダムで配置すると可愛さがグッとあがります。(メイクしている写真なら、メイク道具などのアイテム。ファッション系の女性なら、服や靴のアイテムなどなど!)

被写体などのメイン要素より目立つと少し邪魔になってしまうので、サイズは小さく、ランダムに散りばめて配置してあげるとGood!

写真沿い文字

スペースの空きや余白が寂しく感じた時は、これをいれておく!被写体に沿わせることで、文字が不思議な形が浮かびあがり、被写体を立たせることができる不思議なテクニックです。

細めの手書き装飾やイラスト

女性がボールペンやサインペンなど細いペンで書いたような手書きの装飾を入れるとカワイイです。今回は→を手書き風にして入れてみましたが、吹き出し や アンダーライン など装飾部分を手書きの要素を入れてみましょう!

手書き風素材を使用しても良いですが、Illustratorなどで実際に自分書いて素材を作っても良さそうです!

ガーリー向けのイラスト

http://girlysozai.com/

様々な書体を混ぜる

飾りで使用している書体を様々な書体を混ぜることで、文字の形から与える可愛さを演出しています。

手書き文字

手書き文字は王道ですね、やっぱり可愛さを演出するためには手書き文字は入れると雰囲気がいっきに変わります。手書き具合によっては、少し幼く見えてしまいがちになるので、書体選びは色々試してみたいですね。(今回は、シネマレターという完全手書き文字書体より、もう少し大人っぽさがある手書き風書体を選んでいます)

角ばらない形

今回は、左上端と右下端に波のシェイプを配置しています。角ばらない丸みのある形がどこかにあるだけで、柔らかい雰囲気を出すことができるので、今回は背景の一部として、角ばらない形をいれてみました!

上記で紹介した「装飾」と「あしらい」が組み合わさることによって、カワイイを盛ることができます!

「カワイイから!!」と思い、上記のような装飾を多用しすぎると少しうるさくなりすぎるので、適宜バランスを見ながら配置していきましょう!(自分も結構やりがちです・・)

まとめ

カワイイを作るには、上記以外の手法もたくさんあります。今回は、「大人ガーリー」デザインを制作する方に、少しでもヒントになることがあれば嬉しいです!

男性デザイナーが女性向けデザイン、女性デザイナーが男性向けデザイン、が制作されることは、それぞれあるかと思います。どうしても異性のものだと触れる機会が少ないため、それぞれのデザインの引き出しが少なくなりがちですよね!いざというときのために、引き出しは増やしておきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA