Illustrator(イラレ)で作ることができる文字加工のまとめ!

デザナビでは、フォトショップやイラストレーターを使って様々な加工方法をいくつか解説しています!

その中からイラストレーター(イラレ)を使った文字の加工方法のチュートリアル記事をピックアップしてまとめていきます。

今後も現在掲載している記事以外にも随時更新・追加していきますので、もし良ければブックマークなどしておいてもらえたら嬉しいです。ぜひ参考にしてみてください!

Illustrator(イラレ)で作る文字加工のまとめ

グランジ加工

ちょっと古ぼけたようなテイストや、荒々しい男らしさを表現したり、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

Illustratorの[透明マスク]機能を使ったとっても簡単な方法で作ることができるので、覚えておくと便利です。

スタンプ加工

スタンプを押したようなリアルな質感を作ることができます。記事内では文字の加工方法として解説していますが、長方形や丸などのシェイプにも適用することが可能です。

少し工程が多いですが、Webデザインやバナー、グラフィックデザインなどでもスタンプを使った装飾デザインを作る機会もあると思うので、ぜひ参考にしてみてください!

ペンキが垂れてる風加工

[ワープツール]だけを使って、とっても簡単な方法で作成しています。

5分程度でマスターできるので覚えておくと、文字加工に面白い表現の幅が増えるかもしれません!

グリッジノイズ加工

TikTokのロゴにも使われている表現方法なので、見覚えある方多いかと思います。

グリッジノイズはアナログ感がありつつも、デジタル感も感じるようなデザイン手法なので、最近ではWebデザイン、テレビCM、グラフィック、プロダクトなど様々なシーンも使われている表現です。イラレでも作れるので、是非覚えておくといつか使えるテクニックです!

Photoshopで似たような加工方法を紹介しているので、こちらを合わせて参考にしてもらえたら嬉しいです。

墨だまり加工

文字の画線の交差部分に滲んだ「墨だまり文字」と、レトロな活版印刷のような「かすれた文字」を表現するチュートリアルを解説しています!

スピードを感じさせる加工

ゼロから文字を作っていく方法ではなく、既製フォントと三角形のパスを組み合わせて、とっても簡単に作ることができる方法です!

文字に躍動感・スピード感の印象出したい時にとっても便利な表現方法です。

ノイズグラデーション加工

ノイズグラデーションがついた文字の作り方を解説しています!
ノイズが少し入っていることで、質感や手触り感を感じさせることができるため、いつもとちょっと違った深みがある雰囲気を出せます。

立体文字

文字を強調させたい時などに使うとインパクトがでる「立体文字加工」。

イラレのアピアランスを使うと簡単に作ることができるので、是非参考にしてみてください!

多重文字

多重に連なったような文字を「ブレンド」機能を使って、簡単に作成する方法を解説しています!インパクトのあるグラフィックにぴったりです。

波形文字

文字列に波のようなウェーブを入れて、徐々に変化していく文字を作成していきます!

ゆるい波形の形をしていますが、応用次第ではギザギザだったり、混ざり合っているような表現方法にもできるので、色々試してみてください!

飛び出てくる立体文字

奥から飛び出てくるような立体・3D的な文字をブレンド機能を使って簡単に作成しています。

3D線

グラデーションをブレンドすることによって、3Dのような線を作り出すことができます。パスの文字と合わせてグラデーション立体線文字を作る方法を解説しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA