デザイナーならまずは覚えておきたいド定番のサンセリフ欧文フォント!

デザインを始めてから文字の大切さを学んだものの「フォントってたくさんありすぎてどれから覚えれば良いかわからない!」と嘆いてる方もたくさんいるかと思います。

今回紹介するのは、世界中のデザイナーから愛されている”ド定番”のサンセリフ系(ゴシック系)のフォント(書体)をご紹介します!

フォントを学びたいならまずこの定番の書体を抑えておけば、実際のデザイン現場でも、フォント選びで悩む時間は少なくなるじゃないかなと!

フォントはとても奥が深く、すべてを解説できませんが、簡単に各フォントの特徴や使用事例などを触りだけ解説しています。もしもっと学びたい方は、フォントの本を買ってみたり、調べてみたりすると、深みにハマりとっても面白いかなと思います!

まずは覚えておきたいド定番のサンセリフ欧文フォント

実際に紹介するフォントを使ってデザインしてみると、フォントごとの癖や特徴などの理解が深まります。パソコンのOSによっては、入っているフォントが違ったり、一部有料フォントもあったりするので、すべては使えないかもしれませんが、フォント名を覚えておいて損は絶対ないです!

もしデザイン系の事務所や会社に所属している方は、会社のパソコンには入ってたり、もしなかったら上司や上長などに相談して会社にフォントを買ってもらいましょう!

(googleが提供しているgoogle fontというサービスで、紹介するフォントに似せて作っているフォントなどもあるので、どうしても使いたいけど使えない方は、そういうところで探してみても良いかもです!)

フォントの紹介と事例を紹介していますが、一部フォントをそのまま使っているわけではなく、ベースにフォントを使用して、デザイナーが微妙にロゴ用に調整してたりする場合がありますので、ベースフォントとして使っているのではないかという事例紹介になりますので事前にご了承ください!

Helvetica(ヘルベチカ)

欧文フォントの王様、というぐらいド定番フォント。世界中でも1番使われている書体ではないかなと思います。

デザインを初めたらまずは、Helveticaを使ってグラフィックを作ってみる!

数多くの企業やブランドでも使用されており、癖のないベーシックなフォントなので、日本語フォントのヒラギノや新ゴともとても相性が良いので、日本のデザインでも多く使用されています。よくみると身の回りHelveticaで囲まれています。

「とりあえず困ったらHelvetica」ってぐらい汎用性の高いフォントです。

簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠なフォントとして知られる。(引用:wikipedia)

Futura(フーツラ・フツラ)

ほぼ正円、三角形、四角形をベースにした単に幾何学的に構成されたサンセリフ体ではなく、練られた視覚的配慮がある定番フォントです。

O(オー)とかほぼ正円、A(エー)やV(ヴイ)は鋭角な三角形になっていたり、一文字づつみていくととっても特徴があるフォントになっています。読みやすさ(視覚的配慮)のための設計になっているので、Futuraも非常に人気のあるフォントです。

VUTTON(ヴィトン)のようなラグジュアリーなブランドから、Supremeのようなストリートなブランドまで使わていますが、字間の余白の使い方によって印象がガラっと変わるところがFuturaのすごいところ。

Futuraとはラテン語で「未来」(英語の “future” に相当)の意。ジオメトリック・サンセリフの一種で、幾何学的な造形が特徴的である。現在でもよく用いられているサンセリフのひとつ。(引用:wikipedia)

DIN(ディン)

DINの特徴はなんといっても「直線的」です。曲線も、機械的に結んだような幾何学的な形状をしています。(個人的にはDINの数字がとっても好きで、値段の表記などによく用いています)

「UNIQLO」ロゴや「TOKYO2020」のロゴもDINのフォントをベースに考えられているようです。

「DIN」というのは「ドイツ工業規格(=Deutsches Institut für Normung)」の略称で、もともとは工業製品の型番などの表記を標準化することを目的に、1930年代につくられた書体です。そのため、ドイツでは身の回りの多くのものに使われている書体で、わかりやすいものだと、高速道路の行き先表示の看板や、マンホールのふたなどが挙げられます。

http://type-glasses.jp/culture/interview_kobayashi.html

Optima(オプティマ)

Optima は、ヘルマン・ツァップによってデザインされたローマ字のサンセリフ体。
イタリアのサンタ・クローチェでみかけた碑文にインスパイアされて制作したと言われたフォントです。

GodivaやLUMINEなど事例を見てみると、エレガントな高級感や女性らしさを感じることがフォントです。

他のサンセリフ体とは異なり、縦線と横線の太さが異なり、縦線のほうが太い。そのため、エレガントさとシンプルさを兼ね備えた独特の美しいフォルムにより愛されている。(引用:wikipedia)

Avenir(アベニール)

Avenirはスイスの書体デザイナーであり、のちほど紹介するUniversやFrutigerをデザインしたアドリアン・フルティガー氏が、1988年に制作したジオメトリックサンセリフ書体です。

Futuraに似ているのですが、鋭角などが無くなった柔らかい・優しい印象になっている。

フランス語で未来という意味をもつAvenir(アヴェニール)は、同様にラテン語で未来をあらわすFuturaの対抗馬としての意識のもと製作されたそうです。

Univers(ユニバース)

Universは、先ほど紹介したスイスの書体デザイナーであり、アドリアン・フルティガー氏が、1957年に制作した書体です。

Helveticaと比べてエレガントでより近代的、洗練された印象のある書体です。Universも定番の書体であり、現在でもよく見かける書体です。

スイス国際航空ではコーポレート・タイプとして採用されているほど、ベーシックなフォントです。

エレガントかつ合理的なスタイルが特徴。多くのシチュエーションで利用されてきた。スイス インターナショナル エアラインズやドイツ銀行、日本国内の企業では三洋電機などがコーポレート・タイプとして利用している。(引用:wikipedia)

Frutiger(フルティガー)

Frutigerも書体デザイナーのアドリアン・フルティガー氏によって制作された書体です。こちらは自身の名前を書体名にしたほど超有名書体です。

元は1960年代にフランスのシャルル・ド・ゴール空港の案内標識用に制作されたため、視認性が高く、優れているところが特徴的。日本でもJRや東京メトロなどの交通機関でも取り入れられています。

フランスのシャルル・ド・ゴール空港の案内標識として作られました。遠くから見たときの視認性に優れ、特に空港や駅などの案内用標識などに用いられるほか、印刷物でも幅広く利用されている。(引用:wikipedia)

Gotham(ゴッサム)

全体的に丸みを帯びた自然な幾何学的なフォルムと特徴のフォントです。

2009年頃のアメリカ大統領選挙でオバマ大統領のWebサイトやスローガンなどのデザインになどに使用されたことで、一気に有名になりました。

元々はアメリカのメンズファッション誌「GQ」に依頼されて制作した書体で、GQの独占使用権が切れたため、一般的に公開され多くのところで使用されるようになりました。

(個人的に大好きなフォントで、個人のアートワークは多用しまくっています)

フォント名からデザインに取り入れた事例を調べるなら


「フォント名 + usage」 Googleで画像検索するとそのフォントを使ったデザイン事例やロゴがたくさんでてくるので、覚えておくと便利です!

フォントを漫画で楽しく学びたいなら「となりのヘルベチカ」

書体知識ゼロで悩む彼女の前に、擬人化された「ヘルベチカ」が現れ、彼女を書体の世界へと案内します。自分を「落ち着いてて信頼感があるって評価されている」と紹介するヘルベチカ。丸栖に「サンセリフ」の意味や、自分の関わった仕事などを教えてくれます。

上記で、紹介した有名な欧文フォントを擬人化させて、フォントの特徴や成り立ちを漫画で紹介してくれる。文字ばかりの本ではなく、漫画としてフォントを学ぶことができるので、フォント入門書としてはとってもオススメです!

となりのヘルベチカ- kindle

フォントをもっと学びたいなら小林章さん

フォントをもっと学びたい方はフォントデザイナーの「小林章さん」が著書の本をおすすめします!

上記に挙げたフォントの歴史から、目的に応じてどのようなフォントを使用すれば良いか、などを細かく解説されており、とっても勉強になります。フォントを選ぶ基礎知識をしっかりと得ることができる本だと思います。

複数、書体に関する書籍を出版されているのですが、個人的にオススメしたい本は、この2冊です。

まとめ

まだまだ定番フォントはあるのですが、一度にはたくさん覚えるは大変かと思うので、今回は8つ紹介しました。

どのフォントも歴史があり、さまざまなシーンやブランド、デザインで使われているので、まずは今回紹介したフォントから学んでいければ良いんじゃないかなと思います!

フォントを覚えて学ぶこともデザインが上手くなるために必須スキルだと思うので、ぜひ学んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA