【世界中のプロも使う!】デザインのアイディアが集まるサービスを紹介!

デザインを作っているとなかなかアイディアがでてこなかったり、煮詰まってしまう時ってよくありますよね。

そんな時には、他のデザイナーの作品をたくさん見てみたり・真似してみたりすることで、自分のデザインやアイディアの引き出しが増えていきます!

今回は、そんな煮詰まってしまったり、普段からデザインアイディアを探せるサービスをご紹介します!

デザインのアイディアが集まる4つのサービス!

どのサービスもとても素敵なので、百聞は一見に如かずというぐらいなので、一通り全部使ってみるのをオススメします!

【定番】Pinterest(ピンタレスト)

https://www.pinterest.jp/

デザイナーは100%使ってるんじゃないかな?というぐらいお馴染みのサービスです。(100%は言い過ぎかもしれないですが。)

Webデザイン、バナーデザイン、グラフィックデザイン、ロゴデザイン…などなど思いつくデザインは一通り検索することができ、「ポップデザイン」「クールデザイン」などの検索でも引っ掛かり、数も膨大です。

アイディアに困ったらまずはPinterestを覗いてみる、というのがデザイナーのパターンです。

ピン機能というのがあり、自分が気に入った画像やデザインがあればお気に入りして、保存することができます。(保存方法もカテゴリー分けをすることができるので、あとから見返すとかもできる!)

Pinterestはこちらから

デザイナーのSNS】dribbble(ドリブル)

https://dribbble.com/

世界中のデザイナーが集うデザイナーのためのSNSです。

もともとは招待制SNSでガッチガチのプロのみが使っていたSNSだったため、投稿されるデザインのクオリティが非常に高いところが特徴です。(現状は、閲覧は誰でもできるようですが、デザインをアップしてサイト内検索に引っかかるようになるには招待が必要のようです。)

招待されなければ投稿することができないのですが、世界中のプロが作成したようなデザインを数多くみることができます。

基本的にデザインに関わるジャンルならなんでも揃っているんですが、自分がよく見るのは、「Webデザイン」「ロゴ」「UIデザイン」はdribbbleを使って探して見たりします。UIやWebのデザインは海外の方がトレンドが先行しているので、チェックしています!

海外ユーザーが主なので投稿はすべて英語、サイトも英語、なのが英語嫌いの方は少し敬遠しがちですが、レベルが高い作品ばかりなので是非オススメしたいです!

Dribbbleはこちらから

【クリエイターのSNS】Behance(ビハンス)

https://www.behance.net/

Photoshopなどのツールを提供しているAdobeが運営しているクリエイター向けSNSです。

こちらもdribbble同様に、世界中のクリエイターが投稿しているので、レベルの高い作品に触れたい方には絶対オススメしたいサービスです。

Adobeが提供しているだけあり、作品ごとになんのツールを使ったかが記載されていたりします。

作品やデザイン探すのも面白いですが、一番オススメしたい「ライブストリーム」というプロのクリエイターが作っている風景をライブ見れたり、過去動画から閲覧することができるので、プロのアプリケーションを操作している風景を見れるのも面白いです!

Behanceはこちらから

【雑誌読み放題】amazon Kindle Unlimited

amazon Kindle Unlimited

amazon Kindle Unlimitedは、ファッション・美容・芸能・ビジネス・経済など様々なジャンルの雑誌を定額で読めるサービスです。月額980円程度で700以上の雑誌や、200万冊の本がPC・アプリで読み放題です。

なぜ雑誌をオススメするかというと、雑誌にはデザインのあしらいやアイディアが満載しているからです!

ファッション雑誌は「年齢・世代・性別・好み」などターゲットが明確に分けられて雑誌が作られているので、デザインが非常に参考になります。

以前ギャル向けデザインの仕事した際は、自分中にギャルが好むデザインの引き出しがなかったので、eggやViViなどの雑誌を読み漁っていた時期がありました。(当時はamazon Kindle Unlimitedがなかったので購入していました。)

なので、雑誌はデザインの宝庫なので、オススメです!もちろん定額制のサービスではなく書店やコンビニで購入して読んでも良いかと思いますが、1,000円程度で雑誌が読み放題になるので、雑誌を楽しみつつ、気に入ったデザインやあしらいデザインを見つけたらスクショをとって保存しておける点が、デジタルで読むメリットかなと思っています。(30日は体験期間になるので、無料期間にだけお試ししてみるのはアリかなと思います!)

ちなみにファッション雑誌などの雑誌だけではなく、デザイン書などもamazon Kindle Unlimitedに多くあるので、雑誌を読みつつ、技術書をきちんと読むともっとオトクです!

amazon Kindle Unlimitedはこちら

まとめ

4つのサービスを紹介しました。

どのサービスも素敵なデザインが集まってくるので、デザイナーであれば要チェックです!気に入ったデザインを忘れないようにブックマークしておく方法はいくつかありますが、自分の場合は、スマホでスクショを撮っておいたり、写真フォルダに画像を保存をしておいています。スキマ時間などに読み返し・見返しができるためオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA