Photoshopでぷるっと光沢のある文字を作る方法

Photoshopでぷるっとみずみずしい光沢のある文字をレイヤー効果のみで作る方法を紹介します。

レイヤー効果のみで作成する方法なので、簡単に作ることができます。化粧品バナーや、果実系食品バナーなどみずみずしさを表現するときに使えるテクニックです。

ぷるっと光沢のある文字を作る方法

このように文字に光沢が入ることで、ぷるっと立体感がある文字を作る方法を解説します!

サンプルPSDもダウンロード可能なので、うまくできない方はダウンロードして参考にしてみてください。

テキストの作成

  • キャンバスサイズ:横1000px × 縦500px
  • 使用フォント:キリギリス
  • 文字サイズ:300pt
  • 文字色:#0078ff

お好きな数値に変更して、作成しても大丈夫ですが、後工程で作成するレイヤー効果の数値も適宜調整しながら、作成してみてください。

レイヤー効果を適用

ベベルとエンボス

  • スタイル:ベベル(内側)
  • 深さ:1000%
  • サイズ:10px
  • ソフト:1pt
  • 角度:90°
  • 高度:40°
  • ハイライトモード:通常 #ffffff 不透明度100%
  • シャドウモード:不透明度0%

ベベルとエンボスで立体感と光沢を付けます。

輪郭

  • 輪郭:半円

ベベルが少し強くかかっているので、柔らかい印象にするために、輪郭を『半円』に変更しておきます。

シャドウ(内側)

  • 描画モード:覆い焼きカラー
  • カラー:#fff
  • 角度:90°
  • 距離:4px
  • サイズ:10px

文字の輪郭にハイライトを入れ、立体感を強調するために、シャドウ(内側)を覆い焼きカラーで入れます。

グラデーションオーバーレイ

  • 描画モード:覆い焼きカラー
  • カラー:#ffffff → #000000
  • 角度:90°

みずみずしさを表現するために、少しだけグラデーションカラーを適用します。

グラデーションカラーそれぞれ指定しても良いですが、文字色を変更するだけで簡単に編集できるように、「覆い焼きカラー」でグラデーションを作るように設定します。

完成

レイヤー効果だけで、ぷるっと光沢のある文字の完成です!

「光沢感をもっと弱くしたい」「ハイライトをもっと強くしたい」などあると思うので、レイヤースタイルで設定した数値を自由に変更して、いろいろ試してください。

レイヤー効果から色を変更せずに、文字色を変更するだけで色を簡単に変更することができます。

『スタイル』パネルに、レイヤースタイルを登録をしておけばいつでも1クリックで適用することが可能なので、お気に入りのスタイルができたら、登録しておくこともオススメです。

サンプルPSDのダウンロード

ぷるっと文字のサンプルPSDは、以下のリンクからダウンロードすることができます。(Dropboxに飛びます。ポップアップがでてきますが、✕を押せば登録せずにDL可能です。)

文字にはアウトラインをかけているので、ダウンロード後にお好きなフォントにレイヤー効果のみをコピーしてお使いください。ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA