通常のグラデではないホログラムっぽい文字デザインを作る!

一辺倒のグラデーションは多くのデザインに取り入れられていますが、最近では、より複雑でランダム性のあるグラデーション「ホログラムっぽい」デザインを多く見かけるようになってきました。

今回は「通常のグラデーションも使っているけど、もう少し違った表現を取り入れてみたい!」という方にホログラムっぽい文字の作り方を解説します!

今回のテクニック:素材を使ってホログラム柄文字を作る

ホログラムっぽい文字デザインを作る!

今回のサンプルの完成イメージ。

【Step1】ホログラムの素材を見つける

ホログラムの柄を、自前で作成しようと思うと、イラレのグラデーションメッシュなどを使って、色を混ぜ込むことで、ホログラムを表現することができるのですが!

今回はこちらを作っているのは大変なので、素材を使っていきましょう(素材を使って時短になるなら、素材はどんどん使っていきましょう!!)

今回、素材を探したのはAdobe Stockの無料素材から探します。(Adobe Stockは有料のイメージですが、Adobe会員であれば無料で使え、十分クオリティが高い素材が手に入ります。)

Adobe Stockでなくても、Googleなどで「Holographic background」などのキーワードで探せば、フリー素材などたくさんでてくるので、気に入る素材を探してみてくださいね!

【Step2】ホログラム素材を乗せる

Photoshopを使い、ホログラムを適用したい文字を打ち込みます。

文字レイヤーの前面に、ホログラム素材のレイヤーを乗せてください。(レイヤー順は必ずホログラムのレイヤーが上に来るように。)

【Step3】クリッピングマスクを適用する

ホログラムのレイヤーを選択した状態で、右クリック→[クリッピングマスクを作成]を選択します。

クリッピングマスクを作成したことによって、ホログラムレイヤーは、文字レイヤーにマスクされた状態になるので、文字にホログラム柄がかかっているように見えます!

完成

あとはデザインに組み込むことで完成です!

今回紹介したのは文字へのホログラムを適用でしたが、上記のサンプルのように雷マークをシェイプで作成し、同じ手順でホログラムを適用することができるので、文字以外でも使えます!

今回はホログラムの素材を使いましたが、他にもいろんな柄でも応用して使うことができるので、是非覚えておきたいテクニックでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA