Photoshopで写真の一部分の色を簡単に変更する方法

今回はAdobe Photoshop(フォトショ)を使い、写真全体ではなく特定の部分だけの色味を変更する方法をご紹介します!

花の花びらの色を変えてみたり、Tシャツの色を変更してみたり、さまざまな写真に応用して使うことができ、とっても簡単なので覚えておくと便利です。

わずか2ステップ!写真の一部分の色を簡単に変更する方法

上記の花びらのように、フォトショを使い、写真の特定部分だけの色味を一瞬で変更する方法です!

以下のように、わずか2ステップで簡単に写真の色を変更することが可能なので、ぜひ覚えておきましょう。

写真の一部分の色を簡単に変更する方法

  1. 写真の色を変更したい部分の選択範囲を作成する
  2. 調整レイヤーから「色相・彩度」で色を自由に変更する
  3. 完成

おおまかな流れは上記のようになります!詳しく解説していきます。

選択範囲を作成する

クイック選択ツール

まずは選択範囲を作成していきましょう。(選択範囲=色を変更したい部分)

選択範囲の選択方法は被写体に合わせてお好きな方法で良いですが、今回は選択ツール『クイック選択ツール』を使い、花びらの部分をドラックして選択します。

選択範囲の作成

『クイック選択ツール』で余分な部分まで選択してしまった場合は、①のマイナス(ー)が付いているブラシに切り替え、余分な選択範囲を消していきます。細かい部分になる場合は、ブラシのサイズを小さく変更すると綺麗に選択できるようになります。

選択範囲の作成

色の変更したい部分は、綺麗に選択範囲を作成しておくことで、仕上がりがキレイで自然になります。

「色相・彩度」で色を変更する

マスクがかかっている状態

選択範囲が選ばれている状態で、色を変更したいレイヤーを選択したまま、レイヤーパネルの下部メニューから調整レイヤー[色相・彩度…]を選択します。

[色相・彩度…]を選択すると、色相・彩度レイヤーが先ほど作成した花びらの選択範囲でマスクされた状態になっていればOKです!

色相彩度の調整パネルから数値を変更

プロパティ[色相・彩度]パネルの[色彩]の統一に必ずチェックを入れましょう。

その後に[色相][彩度][明度]の各数値を変更することで、色を変更することが可能になります。

  • 色相は、「赤」「緑」「青」のような色の違いを変更できます。
  • 彩度とは、色の鮮やかさの度合いを変更することができます。 彩度の数値が高ければ高いほど鮮やかな色味になりますが、高すぎる数値にしてしまうと色が飛んでしまうので要注意です。
  • 明度とは、色の明るさを変更することができます。

[色相][彩度][明度]の数値を組み合わせて、想像している色味に調整していきましょう。

完成

色の変更を行ったビフォーアフター

数値の調整が終わったら完成です!

[色相][彩度][明度]の各数値を変更することで、さまざまな色に変更することが可能になるので、いろんな数値で試してみてください。

今回は、花びらで色の変更を説明してきましたが、服の色変更でも可能なので、参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA