イラレのブレンド機能を使って多重文字デザインを作る

イラレ(Illustrator)のブレンド機能を使うことで、さまざな表現が可能になります。

今回は文字が連なったような不思議な「多重文字」デザインの作り方をご紹介します!

Illustratorで文字が連なった「多重文字デザイン」の作り方

このような積み上げられたような多重文字の作り方をご紹介していきます。

複雑そうに見えますが、ブレンドツールを使うことでとっても簡単に作ることができます!アレンジ次第ではデザイン表現の幅が広がるので、覚えておくと便利な機能です。

ブレンド機能とは?

簡単に「ブレンド機能」についての説明です!(知っている方は飛ばして大丈夫です!)

2つのオブジェクトの間を繋げるオブジェクトを作り出してくれる機能です。丸と四角形の2つのオブジェクトを作成し、ブレンドツールで繋げることで、丸〜四角形の間の形状を変化させたり、カラーをブレンドしていくことが可能になります。

この「ブレンド機能」を使うことで、デザインに面白い表現ができるようになるので、今回は文字にブレンド使って、表現していくテクニックをご紹介していきます。

【Step1】テキスト打ち込み→アウトラン→複製

まずはテキストをお好きなテキストを打ち込んでいきます。オススメは、太めのフォントを使うことで綺麗な仕上がりなります。

テキストを打ち込んだあとに、テキストをアウトライン化します。

テキストのアウトラインの方法は、3通りの方法がありますので、以下を参考にしてみてください。
  1. テキストを右クリック→[アウトラインを作成]
  2. テキストを選択→画面上部メニュー[書式]→[アウトラインを作成]
  3. 「command+Shift+O(macOSの場合)」のショートカットを使う

テキストのアウトライン化が終わったら、「塗りを背景色と同じ、縁を好きな色」に設定します。

テキストレイヤーを複製し、下の配置します。(上下で色を変えていますが、変えなくても大丈夫です。)

【Step2】角度を付ける

Step1で作成した2つのテキストレイヤーを選択した状態で、画面上部メニュー[効果]→[3D]→[回転…]を選択します。

3D回転オプションパネルで【位置】を【アイソメトリック法:上面】を選択して【OK】をクリック。

回転を適用すると、このように斜め上から見ているようなアイソメトリックの角度に調整することができます。

【Step3】ブレンドオプションを適用

ブレンドツールを使って、2つのレイヤーをブレンドしていきます。

画面左のツールメニューから【ブレンドツール】を選択します。(表示されていない場合は、下部の三点メニューの中に格納されている場合があるので、開いて追加してみてください。)

適用方法は、ブレンドツールで2つのオブジェクトをそれぞれクリックすることで、ブレンドが適用されます。

ブレンドされているオブジェクトを選択した状態で、【ブレンドツール】をダブルクリックすることで、ブレンドのオプションパネルを開くことができます。

オプションを[間隔:ステップ数]数値を[10]に設定します。

ステップ数とは?

ステップ数を[10]と設定すると、ブレンドさせて2つのオブジェクトの間に[10個]のオブジェクト形状が生成されます。

20と入力すれば20個、100と入力すれば100個が生成されます。

入力数が大きければ大きいほど滑らかに変形していきますが、データやイラレの動作が少し重くなりますので、ご注意ください。

完成

レイヤーの順番によって重なり順が変わってくるので、「なんか変だな?」と思ったらレイヤー順を調整しましょう。今回は上に配置しているテキストレイヤーを前面に、下に配置しているテキストレイヤーを背面に変更しています。

調整後、完成です!

アレンジ

【Step2】で付けた[回転]オプションの角度を、片方の文字レイヤーのオブジェクトだけ変更することで、回転ししているような変化を付けることができます!

アピアランスパネルから[3D回転]からオプションの数値を変更することができるので、色々試してみてくださいね!

動画で解説

ツイッターで動画も上げていますので、一緒に参考にしてもらえたら嬉しいです。

さいごに

今回はイラレのブレンド機能を使って「多重文字デザイン」の作り方をご紹介しました!

複雑そうに見えるけど、ブレンド機能を使うことでとっても簡単に作ることができます。ブレンド機能は応用次第では他にもさまざな使い方ができるので、覚えておきたい機能の1つです。

ブレンド機能を使った他の表現方法

ブレンド機能を使った他の表現方法もご紹介しているので、合わせてみてください!

立体文字の作り方を紹介しています!

文字が波のようウェーブしている「波形文字」の作り方を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA