Photoshop(フォトショ)で作ることができる文字加工のまとめ!

デザナビでは、Photoshop(フォトショ)やIllustrator(イラレ)を使って様々なチュートリアルを解説しています!

今回はPhotoshopで作る文字加工のチュートリアル記事をピックアップしてまとめていきます。

今後も随時更新・追加していきますので、もし良ければブックマークなどしておいてもらえたら嬉しいです。

Photoshop(フォトショ)で作る文字加工のまとめ!

一部が消えかけるグラデーション文字加工

文字の一部がグラデーションで消えかけているような加工をご紹介します!なんと表現すれば良いのか難しいですが、炎のような液体のような不規則で不思議な文字に加工することが可能です。

ザラッとしている粒子質感の「ノイズ文字加工」

描画モードの【ディザ合成】とフィルターの【フィールドぼかし】を組み合わせてしようすることによって、不規則なノイズ質感を作ることができます。

ステンシルアートのようなスプレーブラシで書いたようなノイズをのようにも見えます。上記の記事では、文字をベースに解説していますが、イラストに用いることも可能です。

まるでつららのような「凍った文字加工」

使う機会があまりないかもしれませんが、文字に水滴が凍ったつららのような表現を加工する方法になります。すごく簡単に作成することができるので、凍った表現したい場合などにぜひ参考に!

3ステップで簡単に作れる「グリッチノイズ文字加工」

グリッチとは液晶が壊れた際などにでてくる映像の乱れのこと。あえてグリッチ表現することで、アナログ感のあるレトロな雰囲気がでたり、サイバーチック・ゲームチックに表現することができます!

スプレーアートのような「ステンシル文字加工」

ステンシルとは、型紙でデザインを作りスプレーを吹き付けて絵柄や文字などを作るアート表現手法の1つです。

スプレーを吹き付けたようなリアルな質感も表現するステンシル加工をご紹介します。

ネオン管がリアルなレイヤー効果だけで作る「ネオン文字加工」

レイヤー効果だけで作るので、とっても簡単に「ネオン」を表現することができます。そしてきちんとネオン管の立体管など質感も表現できているので、リアルなネオンサインな文字を作成する方法をご紹介しています!

メタリックな質感な「80年代風レトロデザインなテキストスタイル」

こちらもレイヤースタイルのみで作成する80年代風レトロスタイルの作り方をご紹介しています。メタリックな質感や独特なグラデーションが特徴的で、レトロさを感じつつ、新しさや未来感を感じさせるカッコいいテキストがサクッと作れます!

好みの色味に調整できる「メタリック質感なテキストスタイル」

『グラデーションマップ機能』を使うことで、ゴールド色やシルバー色のメタリックカラーだけではなく、自分の好きな色に調整ができるメタリック金属質感のテキストを作るテクニックになります!

スケルトンかっこいい「ガラスの透明感テキストスタイル」

背景が透けているように作るので、ガラスのような透明感ある文字が出来上がります。レイヤー効果のみで作成しているので、とっても簡単にできます!

Illustrator(イラレ)で文字加工も

イラレで作る文字加工も十数個以上まとめているので、もし良ければ合わせて見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA